2018/12/23 N響第1コンサートマスター篠崎史紀&入江一雄 クリスマスコンサート

クリックしてチラシをダウンロード
クリックしてチラシをダウンロード

NHK Eテレ「クラシック音楽館」の案内人も務める「MARO」こと篠崎史紀が コスミックホールに再登場! 9/20前売発売!

2017年に初めてコスミックホールにやってきたMAROさん。
楽曲の歴史やエピソードを楽しく語ってくださるトークと、MAROさんの超絶美しい芳醇なヴァイオリンの音色。そして、入江さんのクリスタルのような透き通ったピアノの音に、「クラシック音楽って、こんなに綺麗で楽しいんだ!」と驚かれた方も多かったのではないでしょうか?

今回は、なんとクリスマス・イブ・イブのコンサート。
忘れられないクリスマスの思い出に、ぜひ前売り券をゲットしてください!

<日時>

2018年12月23日(日)1300開場 14:00開演

※12月22日の公開レッスン「マロプロジェクト」については、こちら!

<会場>

加東市東条文化会館コスミックホール(兵庫県)

<プログラム>

ヘンデル・ヴァイオリンソナタ 第4番ニ長調
サラサーテ・チゴイネルワイゼン
マスネ・タイスの瞑想曲 他

<入場料>

9月20日(木)発売 【全席指定席】

一般:4,000円
高校生以下:2,000円
(当日各500円増)

※ペアチケット割引(2枚購入につき500円引)

※未就学児の入場は、ご遠慮ください。
※公演内容・曲目については一部変更になる場合がございます。ご了承ください。
※車椅子での鑑賞を希望の方はお問合せください。

<販売状況>

(2018/12/8 現在)

<問い合わせ・チケット販売窓口>

東条文化会館 コスミックホール
〒673-1311 兵庫県加東市天神66
TEL.0795-47-1500 / FAX.0795-47-1617
電話でのチケット取り置き可
※2週間以内の窓口引き取り もしくは、お振込確認後郵送(送料別途必要)

<出演者プロフィール>

篠崎史紀 (ヴァイオリン)

愛称 “まろ”。NHK交響楽団第1コンサートマスター。3歳より両親の手ほどきを受ける。15歳の時に毎日学生音楽コンクール全国第1位。北九州市民文化賞を史上最年少で 受賞。高校卒業と同時にウィーン留学。ウィーン市立音楽院に入学。 翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾り、その後ヨーロッパの主要な コンクールで数々の受賞を果たす。88年帰国後、群馬交響楽団、読売日本交響楽団 のコンサートマスターを経て、97年 NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。以来、 “N響の顔”として、ソリスト、室内楽奏者、指導者として、国内外で活躍中。 多岐に わたる演奏活動の傍ら、東京ジュニアオーケストラ・ソサイエティの芸術監督を務める他、CD13枚他、ヴァイオリン小品集「MARO’s Palette」(監修)、エッセイ「ルフトパウゼ ウィーンの風に吹かれて」、「絶対!うまくなるヴァイオリン 100のコツ」が出版されてい る。2001年福岡県文化賞受賞、2014年第34回有馬賞を受賞。北九州文化大使、桐 朋学園非常勤講師、東京藝術大学非常勤講師、昭和音大客員教授。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。2018年4月より、NHK Eテレ「クラシック音楽館」の案内人を務める。

入江一雄 (ピアノ)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学・同大学院を首席で 卒業・修了。第77回日本音楽コンクールピアノ部門第1位、第1回CWPM (ポルトガル)第5位入賞他、受賞多数。ソロ活動だけでなく新日本フィル・ 日本フィル・東京フィル・芸大フィルなど国内主要オーケストラとの共演や 室内楽の演奏機会も多い。近年ではN響コンサートマスター篠崎史紀氏から 絶大な支持を受け、同氏リサイタルや室内楽公演で多くの共演機会を得ている。2012-13年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション・2015年度 文化庁(新進芸術家海外研修制度)より助成を受け、チャイコフスキー記念 ロシア国立モスクワ音楽院研究科に在籍し、名匠エリソ・ヴィルサラーゼに 師事。2016年夏に修了しディプロマ取得。2017年度より東京藝術大学にて 教鞭をとる。王子ホールレジデンス「ステラ・トリオ」メンバー。第5回 あおによし音楽コンクール奈良ゲスト審査員を経て、第6回同コンクール 審査員を務める。

<主催>

NPO法人新しい風かとう

<後援>

加東市教育委員会
神戸新聞社
ラジオ関西