2020/3/7 【公演延期】日本センチュリー交響楽団 加東特別公演

~第30回日本木管コンクールクラリネット部門優勝者
第7回あおによし音楽コンクール奈良グランプリ受賞者を迎えて~

 

公演延期のお知らせ

3月7日(土)東条文化会館コスミックホールで開催予定でした
「日本センチュリー交響楽団加東特別公演」は、政府からの「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためのスポーツ・文化イベントの開催自粛要請」を受け、
本公演を延期することと致しました。

本公演を楽しみにお待ちいただいておりましたお客様には、ご迷惑をお掛け致しますが、第一にお客様の安全を考え感染拡大を収束するべく公演延期の判断となりました。何卒ご理解を承りますようお願い申し上げます。

★振替公演

2020年8月15日(土)
加東市東条文化会館 コスミックホール

チケットをお持ちの方は、上記の振替公演でも席番を含め有効となりますので大切にお持ちください。また、振替公演にお越しいただけない場合払い戻しの対応をさせていただきます。(4月30日(木)17時まで)
チケット代返金につきましては、チケットと交換になります。
返金する際は、必ずチケットをお持ちください。

 

日時

2020年3月7日(土) 開場/15:00 開演/16:00

 

出演

<指揮>
山下 一史

<管弦楽>
日本センチュリー交響楽団

<ソリスト>
第30回日本木管コンクール クラリネット部門優勝者 ヘルバシオ・タラゴナ・ヴァリ(Cl.)
第7回あおによし音楽コンクール奈良 グランプリ受賞者 ジドレ・オヴシェカイテ(Vn.)

<合唱団>
センチュリーと歌う会

<加東市内 中学生吹奏楽部選抜メンバー>
保科 洋 /「ファンタジア・四季」に参加

 

プログラム

・プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63
・ドビュッシー:第1狂詩曲
・ルトスワフスキ:ダンスプレリュード(第2版)
・ヤウレナ:オマージュ・ア・ピアソラ
・保科 洋:懐想譜
・保科 洋:風紋(管弦楽版)
・保科 洋:ファンタジア・四季(合唱付き)

 

プロフィール

山下一史(指揮)

桐朋学園大学を卒業後、ベルリン芸術大学に留学、ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。カラヤンが亡くなるまで彼のアシスタントを務める。その後ヘルシンボリ響首席客演指揮者を務めた。日本国内ではN響を指揮してデビュー、以後主要オーケストラに定期的に出演、好評を得ている。これまでにアンサンブル金沢プリンシパル・ゲスト・コンダクター、九響常任指揮者、大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管常任指揮者ならびに名誉指揮者、仙台フィル指揮者ならびに正指揮者を歴任。シューマン作曲歌劇「ゲノフェーファ」日本舞台初演など、オペラ、オーケストラの両面においてますます注目を浴びている。現在、千葉交響楽団音楽監督として、「おらが街のオーケストラ」をキャッチフレーズに定期から音楽教室まで幅広く活動をしている。東京藝術大学音楽学部指揮科教授。

 

ヘルバシオ・タラゴナ・ヴァリ(クラリネット)

ウルグアイ、モンテビデオ出身。
2001~09年 モンテビデオ音楽院 演奏家コース学位。2008年 “エル・システマ”オーケストラ実習生 (ベネズエラ)。2007~16年 クラリネットのマスタークラス、および個人レッスンをカール・ライスター、ヴェンツェル・フックス、ポール・メイエ、他室内楽レッスンをセルジオ・アッツォリーニ、ダニエル・ゼペック、他に師事2012~13年 バーゼル大学大学院(スイス) フランソワ・ベンダに師事。2013~14年 ジュネーブ大学(スイス)にてロマン・ギュイオに師事、パフォーマンス学科修士。7回アウディ=モーツァルト国際コンクール第1位(イタリア、ロヴェレート) 第12回メルカダンテ国際クラリネットコンクール第1位(イタリア、バーリ)。第17回大阪国際音楽コンクール木管楽器部門第2位(大阪)。第53回なにわ芸術祭新進音楽家競演会第2位(大阪) 第15回東京音楽コンクール(2017)木管部門 第1位及び聴衆賞。第30回日本木管コンクールクラリネット部門第1位。

 

ジドレ・オヴシェカイテ(ヴァイオリン)

リトアニア出身。2017年ソロヴァイオリンのパフォーマンスアートで修士号を取得。国際的な大会で受賞し、この輝かしい国際デビューにより、2015年リトアニア大統領のダリア・グリバウスカイテ大統領からお言葉を賜る。その後ソリストとして、また音楽団の一員として、イタリア、オーストリア、ドイツ、スウェーデンその他さまざまな国で音楽の祭典に参加。2019年セシリア国際音楽コンクールで優勝。2019年第7回あおによし音楽コンクール奈良プロフェッショナルステージグランプリ及び総務大臣賞受賞。

 

日本センチュリー交響楽団

日本センチュリー交響楽団は1989年に活動を開始し、2019年に楽団創立30周年を迎えた。現在は50名のメンバーが在籍。飯森範親が首席指揮者を務め、秋山和慶が2020年4月よりミュージックアドバイザーに就任。ザ・シンフォニーホールで開催する年間10回のシンフォニー定期演奏会、ハイドンの交響曲全曲演奏・録音プロジェクト「ハイドンマラソン」に加えて、豊中市立文化芸術センターでの名曲シリーズを展開する。2度にわたり大阪府文化祭奨励賞を受賞する(2015年度、2018年度)など、演奏活動は高い評価を得ている。オーケストラ体感コンサート「タッチ・ジ・オーケストラ」、ユースオーケストラの運営といった教育プログラム「豊中まちなかクラシック」(豊中市)、「ルシオール街かどコンサート」(滋賀県守山市)等の地域連携事業にも力を入れている。「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通して多くの人々の心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとしての発展を目指し活動している。オフィシャル・ホームページ http://www.century-orchestra.jp/

 

会場

加東市東条文化会館 コスミックホール

 

入場料

一般/ 3,000円 高校生以下/1,500円 【全席指定席】

2020年1月25日発売

※電話取置き可 0795-47-1500
※割引券をお持ちの方は、チケット購入時にご呈示ください。

※やむを得ない事情により、曲目等が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

販売状況

(2020/1/25 現在)

 

主催

特定非営利活動法人 新しい風かとう
一般社団法人あおによし音楽コンクール奈良

 

後援

加東市教育委員会・神戸新聞社・ラジオ関西

 

チケット購入・お問い合わせ

東条文化会館 コスミックホール

〒673-1311 兵庫県加東市天神66
TEL.0795-47-1500 / FAX.0795-47-1617

受付時間:9:00~17:00

休館日:水曜日・祝日の翌日