2020/1/25 NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎MARO史紀とN響の愉快な仲間たちによる ニューイヤーコンサート

クリックしてチラシをダウンロード
クリックしてチラシをダウンロード

コスミック・ゴールデンウィーク第1弾は、加東市で聴くニューイヤーコンサート!
NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎”MARO”史紀氏とN響メンバーによる極上の音楽体験をぜひ!

 

「マロプロジェクト」も開催!

事前録音審査で選ばれた若い才能を、マロ率いるN響のメンバーが開花させる!コンサートでの共演を予定!

※参加申込方法等詳細は、こちら!

 

<日時>

2020年1月25日(土)14:00開場 15:00開演

 

<会場>

加東市東条文化会館コスミックホール(兵庫県)

 

<プログラム>

ヨハン・シュトラウスⅠ世
ケッテンブリュッケン・ワルツ
ヨーゼフ・ランナー
モーツァルト党
ヨハン・シュトラウスⅡ世
美しく青きドナウ 他

 

<入場料>

【全席指定・税込】
一般:2,500円
高校生以下:1,500円

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により曲目、出演者等が変更になる可能性がございます。
※高校生以下の方は購入時に学生証のご提示をお願いする場合がございます。

 

<問い合わせ・チケット販売窓口>

【発売日】
11月9日(土)9:30~ ※電話予約受付開始時刻13:00~

東条文化会館 コスミックホール
〒673-1311 兵庫県加東市天神66
TEL.0795-47-1500 / FAX.0795-47-1617
※休館日:水曜日・祝日の翌日・12/28~1/3
※購入後のキャンセル、再発行不可

 

<出演者プロフィール>

篠崎MARO史紀(Violin)

愛称 “まろ”。NHK交響楽団第1コンサートマスター。3歳より両親の手ほどきを受ける。15歳の時に毎日学生音楽コンクール全国第1位。北九州市民文化賞を史上最年少で受賞。高校卒業と同時にウィーン留学。ウィーン市立音楽院に入学。翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾り、その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たす。88年帰国後、群馬交響楽団、読売日本交響楽団のコンサートマスターを経て、97年 NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。以来、”N響の顔”として、ソリスト、室内楽奏者、指導者として、国内外で活躍中。 多岐にわたる演奏活動の傍ら、東京ジュニアオーケストラ・ソサイエティの芸術監督を務める他、CD13枚他、ヴァイオリン小品集「MARO’s Palette」(監修)、エッセイ「ルフトパウゼ ウィーンの風に吹かれて」、「絶対!うまくなるヴァイオリン 100のコツ」が出版されている。2001年福岡県文化賞受賞、2014年第34回有馬賞を受賞。北九州文化大使、桐朋学園非常勤講師、東京藝術大学非常勤講師、昭和音大客員教授。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。

山岸 努(Violin)

1986年千葉市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校を経て、2008年同大学を卒業し卒業演奏会出演、卒業と同時にNHK交響楽団入団。第51回全日本音楽コンクール、第54回同コンクール、それぞれ入賞。第12回日本モーツァルト音楽コンクール第1位。大賞選考会で大賞受賞。国内主要音楽祭にて音楽賞受賞。第9回千葉市芸術文化新人賞を受賞。現在、第一ヴァイオリン次席奏者。

横溝 耕一(Viola)

桐朋学園大学卒業。第58回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選。06年Verus String Quartetを結成し、ヴィオラ奏者として第57回ARDミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門第3位。宮崎国際音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、サイトウ・キネン・フェスティバル松本等、国内外の音楽祭に参加。これまでにヴァイオリンを小森谷巧、堀正文、徳永二男の各氏に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎、原田幸一郎、東京クヮルテットの各氏に師事。現在NHK交響楽団ヴァイオリン奏者としての活動の他、ヴィオラ奏者としても各地のオーケストラに客演している。

桑田 歩(Cello)

東京音楽大学付属高校を卒業後、同大学専修科コースを経て1987年にウィーン市立音楽院に留学。イタリアのキジアーナ音楽院にて特別名誉賞を受賞。1991年に帰国。群馬交響楽団及び新星日本交響楽団(現東京フィル)の首席奏者を歴任し、定期演奏会等にてソリストとしても度々出演する。1999年よりNHK交響楽団のチェロ奏者に就任し、現在は首席代行奏者を務めている。ソロ小品集《ヴォカリーズ》《メロディー》の2枚をリリースし、いずれも高い評価を得ている。筑波ジュニアオーケストラ音楽監督。昭和音楽大学客員教授。

本間 達朗( Contrabass )

北海道札幌市出身、桐朋学園大学を首席で卒業。卒業時、皇居内桃華学堂にて御前演奏を行う。08年、NHK交響楽団に入団。14年、文化庁新進芸術家海外派遣員としてウィーンに留学し、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ソロコントラバス奏者のHerbert Mayr氏に師事。第7回日本演奏家コンクール第1位、第18回宝塚ベガ音楽コンクール第3位受賞。これまでに、藤澤光雄、西田直文、Herbert Mayrの各氏に師事。桐朋学園大学非常勤講師。

 

<主催>

NPO法人新しい風かとう

 

<後援>

加東市教育委員会
神戸新聞社
ラジオ関西